音楽業界でアルバイトする前に知っておくべきこと

この記事は2分で読めます

今回は音楽業界でアルバイトして行きたい人へのアドバイスです。。

 

音楽が好きで好きでたまらないという方にとって、理想の場所となるのが音楽業界です。どんな形にしろ、音楽に携われることができれば幸せなことに違いありません。

 

しかしながら、どんな職種よりも労力を必要とすること以上に、タフさが求められます。時間が不規則で定期的に睡眠が取れないことも少なくありません。一日に1食食べられれば良い方という話もあります。

 

自分の肉体と精神を削ってでもやれる!やってみたい!という強い心が必要なのも忘れてはならないことの一つです。

 

iStock_000020151814XSmall

また、音楽業界に入るために必要な技術は何だと思いますか?

当然のことながら、人よりもずば抜けた声量だったり技術があればそれに越したことはありませんが、何よりも必要とされている技術というのは、コミュニケーションがしっかりと取れるかどうかです。

 

普段、テレビなどで見ている業界人の多くは、人見知りだといいつつもその場の雰囲気を瞬時に感じ取り、的確に応対しています。笑いを誘う話し方、真剣な時、それを上手に使い分けているのです。

そして、自分に自信を持つことも忘れないようにしたいところです。自信がないと自分を積極的に売り込むことができません。消極的だったりネガティブ思考では、素晴らしいものを持っていたとしても売れっ子になることはできないでしょう。

 

今の技術や能力におごることなく、毎日努力をし続けることができること、それに加え、活躍している人を観察し分析する力も必要不可欠です。その時代に合わせて的確な判断ができる、これが音楽業界で長生きすることができる秘訣です。

 

音楽業界の仕事は様々職種もいろいろです

音楽業界と一口に言っても、実にいろいろな職種があります。例えば、普段何気なく見ているテレビ番組には必ずと言っていいほどプロデューサーがいます。プロデューサーは、その番組を作る上で、制作予算内で番組を構成し最終的な判断を下す、いわば総責任者のような存在です。番組の視聴率が良いかどうか、面白く構成できているかどうか、人を引き付けられる内容となっているかどうか、すべてはプロデューサーの腕次第だと言っても過言ではないでしょう。

iStock_000020152257XSmall

 

また、番組に出演される芸能人のスケジュールを調整したり社外からの応援を要請したりと番組を作る上で調整に走り回るのがディレクターです。プロデューサーの一つ下の位で、責任のある仕事を任されることが多い傾向にあります。

予算の管理を行ったりすることもあります。また、番組のアシスタントとして、ADという仕事もあります。番組を作っていく上で雑用を任されることが多く、一般的には番組制作をするにあたりディレクターのサポート役となることが大半です。

その他にも、プロモーターという職種もあります。あまり耳にする機会はないのですが、番組の宣伝を行ったり、映画や舞台などをPRするための戦略を練ったりと、アーティストが出演する番組などを成功へ導くための業務を行います。

 

この他にもイベンターやCDの売り上げを左右する販売の仕事、芸能人や著名人のマネージャーなど音楽業界に携わっていくことができる仕事はたくさんあるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。