芸能人養成所と事務所や劇団の主な違いとは?

この記事は1分で読めます

芸能人になるための道としては、様々な手段があります。養成所や劇団、事務所などいろいろな方法がありますが、調べれば調べるほどごちゃごちゃになってしまった方もいるのではないでしょうか。それくらい、同じように感じてしまう部分も多いわけですが、一般的に言われている養成所というのは芸能人養成所で、ドラマや映画で活躍するために技術や技能を教えてくれる学校のようなものだと認識していて良いでしょう。

 

Chaos

また、劇団では舞台をメインに行い、大小の規模はあるものの、劇場を使ってお芝居をしていくことをになります。脚本なども劇団の団員で構成することもありますし、きちんとした脚本家が書いた脚本をもとにしてお芝居をすることもあります。

そして、良く事務所と言われるのは芸能プロダクションを指しているものと思われます。芸能プロダクションは芸能人をマネジメントをすることが仕事となっており、オーディションなどを経て新人を発掘したりと、様々な方法で将来的にメディアで活躍できるであろう人物を探します。

 

ただ、オーディションに合格したりスカウトされたとしても、最終的には演技力を身につけるための養成所に通うのが一般的です。どの方法でも、成功すればテレビや映画、場合によっては世界に羽ばたく俳優に慣れる可能性を秘めています。同じように感じる言葉でも、実際には違いもありますのでしっかりと下調べをし、自分が一番近道で正確に進める方法を選んでいきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。