舞台女優の仕事内容とは?

この記事は1分で読めます

いろいろなお芝居をする仕事の中で、舞台女優をメインに行っている方もたくさんいます。その名の通り、テレビや映画などには出演せず、舞台のみで活動されている女優さんを指すわけですが、実は、舞台をメインに仕事をしている女優さんには独特な特徴があることを知っているでしょうか。

仕事内容が舞台ということもあって、声量がかなり求められます。ピンマイクなどをつけてお芝居をすることもありますが、ほとんどはマイクをつけずどこの席に座っているお客さんにも届くくらい大きな声で、はっきりと発音しなければならないため、声量に優れた方ばかりなのです。歌ったり踊ったり、舞台の端から端まで走り回ったりと、舞台ならではの表現力も求められているため、様々な苦労もあるといいます。

 

Beautiful asian woman using a cellular on white background

かといって、声が大きければそれで良いというわけでもないですし、動きを大きくしていればそれで良しという簡単なものでもありません。舞台を通じて、楽しみに来てくれた-お客様を楽しませるために、どのように表現をしたら感情を伝えられることができるのか、こられの感性をしっかりと身につけておくこと-もが大切です。

 

舞台のそでにはける時など、お客様が見過ごしがちだと思われているかもしれませんが、実は観客席から舞台というのは隅々まで良く見えるように作られています。そういった意味では、女優として様々な仕事がある中で、舞台女優という仕事はとても繊細で細かな部分に気を配らなければならないのですが、常に新しい事に挑戦できる、そんな仕事だと言えるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。