大学や大学院卒で声優になる人も増えてます!両立しながら頑張ろう

この記事は1分で読めます

声優を目指すためには専門学校や養成所へ入らなければならず、大学に入ってからでは難しいのではないか。そんなふうに考えている人もいます。しかし実際には全くそんなことはありません。

 

むしろ大学生として専門の知識を深く身につけていることは演技に幅と個性を持たせてくれます。そのため結果としてプロとして活躍していける才能ある人に成長していくことができます。

 

大学生が声優になるための方法としてまずあげられるのが、養成所とのダブルスクールをするということです。

iStock_000017449654XSmall

 

養成所の中には夜間のみで決まった曜日にだけ通って学べるというところがあります。そうしたところであれば大学に通いながらでも演技の勉強をすることができます。

 

もちろん体力的には厳しくなりますが、それでも続けられるというのであればそれは本当に好きでやりたいことということになります。

また、そもそも大学進学の際に演劇について学べる学科を受験するということがあります。芸術大学などにはそうした学科がありますが、ここへ入れば演技について総合的に学ぶことができます。

 

演技について基礎をきちんと身につけているということは声優としてとても大きな財産になっていきます。

 

大学生として学びながらプロとしてデビューすることを目指すというのは大変なことですが、とても良い選択です。全ての経験が演技の役に立ちますし、仮に将来別の道を歩みたいと思った場合にもその選択肢が格段に多くなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。