声優はどれくらい稼げるのか?ギャラの決め方は??

この記事は2分で読めます

一般的なイメージとしては、声優の仕事は映像に声をあてるだけで良いというイメージが強いのではないでしょうか。もちろん、間違っているわけではないのですが、実際のところ、今活躍している声優さんも売れっ子になるまでには相当の苦労をしています。

なりたいからといって簡単になれる職業ではなく、選ばれた者だけができる仕事でもあるため、ほんの一握りしか売れっ子にはなれません。売れっ子になれば当然のことながら給料は高いですが、そうなるまでにはかなりの努力と運、タイミングなども大きく影響をしてきます。

声優と一口に言っても、仕事量でもらえるお金は変わってきます。たくさん仕事をこなしていても、ほんの一瞬だけしか映像に流されない場合は、残念ながらそう多くのお金をもらうことはできません。

ビジネスマン コンピューター

もらっている額は人それぞれですが、平均すると300~400万円が妥当だとされています。もちろんこの金額は、ある程度仕事が安定していてそれなりに有名なアニメのキャラクターの声を当てている場合です。

中には、一千万円を超える額のお給料をもらっているケースもありますし、逆に100万円やそれ以下しかもらえないといった場合も少なくありません。これでは生活することがかなり難しくなってしまうのが現状ですので、あくまでも本職は声優であったとしても、時間のある時にかけ持ちでアルバイトをしたり仕事に影響を及ぼさないよう、時給の高い夜間に集中してアルバイトをして、生活を支えている方もたくさんいるというのが今の声優界の現状です

 

声優のギャラの決め方はどうなっている?

自身の声を活かした声優の仕事は、30分のアニメのキャラクターを演じる場合、ギャラとしては1万円~5万円以内が相場と言われています。この仕事が初めて、つまり新人の場合は一番安いギャラが支払われます。

 

逆にベテランになればなるほど、人気のアニメキャラクターを演じるような仕事をしている時は、1本当たり最も高い金額が支払われるシステムとなっています。一見、ランクが上がればもらえる額も高くなるというイメージが強いと思いますが、もちろん人気のあるキャラクターであるかどうかなども重要になってきます。

 

iStock_000000707019Small

ただ、ギャラの決め方の一つに、とても特徴があるのがこの世界です。アテレコなどが上手・下手に限らず、これを本職として登録をした年数で自動的にランクというものが上がってしまうため、声優なら問題はないでしょう。

 

支払う方もそれなりに人気があるということで、納得してお金を支払えます。しかしながら、あまり活躍できていないにも関わらず、ランクだけが上がり支払わなくてはいけない金額が増えていたとしたらどうでしょうか?

大した仕事をしていないのに支払うものだけが大きくなってしまったら、支払う額の少ない新人を起用した方が制作会社側のメリットが大きくなります。ということは、歳だけ取ってしまい、これといった大きな成果を上げられていなかった場合、声優としての仕事の依頼はどんどん減ってしまう恐れがあるのです。

 

自身の声を使った職業ですが、声を180度変えると言うことはできません。しかしながら、アニメや時代に沿うような形で声が当てられる、臨機応変に対応できる力があれば、仕事がなく困ってしまうようなことは避けられます。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。