声優の器用さとアテレコの話

この記事は1分で読めます

声優の仕事をするのに、器用さはどのくらい関係してくると思いますか?声優の仕事は想像以上にかなり大変だと言われていますが、特にアテレコの仕事は想像をはるかに超えた労力を要するなどとも言われているのが現状です。

 

テレビなどで少しばかりアテレコの場面などを見たことがある方も多いのではないかと思いますが、あれだけ見ていると映像に合わせて声を当てるだけのように感じる方も多いのではないでしょうか。俳優さんや女優さんというのは、事前に台本のセリフを暗記してきて、撮影に挑みます。

 

 

もちろん、内容が若干変更になることもありますがだいたいは台本通りに進んでいくのが一般的です。

しかしながら、アテレコの仕事は台本は前日や当日に渡されることも少なくなく、しかも当日映像を見ながら、また声を当てながらセリフが変わることも多々あるため、台本を片手にアテレコをしなくてはなりません。

つまり、台本に書かれているものを読みながら同時に映像に合わせて声をあてていかなくてはいけないため、ある程度器用さが必要とされるわけです。

もちろん、慣れてしまえば不器用な方でもアテレコの仕事はできるようになります。ですが、器用な方と比べると慣れるまでの時間も変わってくるのは言うまでもありません。

片手に何かを持って同時に違うことをこなしていくのは想像以上の難しさがあります。ですから、器用な方が声優の仕事に向いていると言われているのはこのためです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。