声優になるための練習量や時間数はどれくらい?

この記事は1分で読めます

自身の声を最大限に活かす事ができる仕事が声優です。声優になるためには、相応の練習量が必要ですし、練習をするためにはかなりの時間数を費やさなければなりません。これくらい練習をしましょう、これくらいの時間練習をすれば大丈夫ですよ、ということが決まっていないので難しいところではあるでしょう。

 

今現在、活躍されている声優さんでさえ全く練習をしなくなるかと言えば決してそんなことはなく、声だしの練習は欠かすことができないと言います。

一説によると、テレビやアニメなどで活躍できるくらいの声優になるためには、1万時間の練習が必要であると言われていることをご存知でしょうか。一日2時間、練習をしたとしましょう。これを毎日365日続けると、一年で730時間練習することになります。

iStock_000016932811Small

 

となると、1万時間練習するためには13年以上かかる計算になるのです。もちろん、1万時間確実に練習したからといって絶対にプロの声優になれるわけではありません。

もう少し短い時間でプロになっている方もいるでしょうし、1万時間以上練習をしていてもプロの声優として活躍できていない方もたくさんいます。喉を傷めてはいけない仕事ですから、気をつけなくてはいけないところもありますが、練習が必要であるのは言うまでもありません。

 

どんなに短い時間でも濃い練習ができるよう工夫をすること、それに加えて声優になるための運というものもかなりの割合を占めます。運こそ、自分自身ではどうすることもできないところはありますが、しっかりと内容の濃い練習ができていれば、いつかきっとチャンスをつかむことができるでしょう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。