声優と俳優はどちらがなるのが難しいのか?

この記事は1分で読めます

誰もが一度はあこがれる声優の仕事と俳優の仕事。どちらも、イメージは華やかでお金もたくさんもらえそうな印象を受けます。テレビで見ない日はないくらい活躍されている方であれば、生活に困ることがないくらいたくさんの収入があることでしょう。ですが、実際にはここまで活躍することができるようになるまでに、かなり苦労されてきている方が多いことはご存知でしょうか。

young man singing and listening to music with musical notes

 

また、俳優になるよりも声優になる方が格段難しいとも言われています。それはなぜなのでしょうか。理由の一つとして、顔を見せることができる演技の仕事は、声のトーンもそうですが表情でも気持ちを伝えることができます。

 

いくら演技と言っても表情が見せられることで、伝えたいことを伝えることができるのですが、自身の声のみを使った仕事は、表情を見せることが難しいのです。自身の声だけで喜怒哀楽を伝えなくてはいけないため、いかに声だけで感情を伝えることができるのかが大切になるということをw忘れてはいけません。

もちろん、なりやすさとして俳優の方が良いと言っているわけではありません。どちらも才能がなければ出来る仕事ではないですし、チャンスや運もかなり左右してきますので、なりたいからといってすべての方がなれるような職業ではないのです。

 

イメージ的には声優の仕事の方が簡単にできそうな印象がありますが、実際には顔が見せられない分大変なことが多いと肝に銘じておきましょう。簡単になれる職業ではないからこそ、やりがいはかなり感じられるのは言うまでもありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。